バレエと解剖学

マジョリーナ☆彡の氣楽にバレエセラピー
~脳と心と身体のご縁結び~

横浜の、最高気温は32℃。
田園都市線・あざみ野駅のホームは、
一部スケツトンの屋根。
日傘を開きたくなりました。

2013年にバレエ上達のために、
バレエ解剖学を学んだ。
が、
実は、上達に結び付いていない。
と、2015年頃から気が付き始めた。
『なんとなく、動きにくいなぁ~』
『なんか、お友達とちがうなぁ~』

今日は、バレエ教授法の1日目。
バレエのワガノワ先生は、
『バレエに解剖学は不必要』と
おっしゃっているとのこと。

只今、バレエの正しい教授法を、
学んでいます。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

アトリエBonborina → アトリエJoiceWorld
大久保 喜世

Follow me!

コメントを残す