1ミリの成長を目指して

大人のバレエレッスンを受けていると、

子どもの頃からずっとバレエを続けている上手な生徒さんと遭遇することがありますね。

そういう生徒さんが

いともたやすく床の上で開脚してしまったり

グランバットマンで耳の近くまで脚が上がったり

するのを見るにつけ、

びっくりするのと同時に、

「ムリムリ」

と自分をなだめつつ、

でも、

「自分もああいう風になりたい」

とか、心の中でつぶやいてしまったり。

そんな経験ありませんか?

どうやら、そう思う人は珍しくないようで、

スプリッツとかつい頑張りすぎて、

もも裏あたりを肉離れしてしまって、

かえって開きにくくなって困っている同年代からの相談をよく受けます。

みんな、伸ばせばなんとかなる、と頑張ったことが仇となっているんですね。

それで、

  • 何とか踊りやすい体に戻したい
  • 出来ればターンアウトも開きやすくしたい

と思って、いろいろ試しているようです。

試していることを分けると次の二つのどちらか。

  1. エクササイズ系
  2. 整体・治療系

それぞれについて解説すると…

1. エクササイズ系

トレーニング課題をグループ指導か、個人指導の形でしてもらって、黙々と頑張るようなアプローチ。ジャイロキネシスとか、ピラティス、パーソナルトレーニングとかが該当します。当然ですが、本人の努力が必須です。

2. 整体・治療系

弱点を伝えて、プロに原因を取り除いてもらったり、改善を図ったりしてもらうアプローチ。整体、鍼灸、カイロプラクティックとかが該当します。基本的に本人の努力が不要で、プロにお任せするアプローチです。

それぞれ一長一短があるので、絶対的なことは言えないのですが、

私が自分で受けて良かったなと思えたのが

ターンアウト整体®︎

でした。

大人バレエの生徒さんが求めている答えをその場で体感させてもらえました。

そして、何より1と違って、

本人の努力がいらないんです。

基本横になっているだけ。

施術が終わったら、

ターンアウトが開きやすくなってる。

つまり、踊りやすくなってる。

いつも感じていた股関節周りの動かしにくさが

パーっと消える感じ

がしました。

結果、本人が努力してないのに、いきなり踊りやすくなっているんです。

ストイックに努力するのがスタイルではない私にとっては、当たりでした(^_^)v

それで、

これを大人リーナに提供したら

あ‼上達したわ

と感じでもらえる人が増えるはず。

その結果、

バレエって楽しい!

って感じてもらえる人が増えるはず。

そう思って、私自身が始めることにしました。

元々整体の素養があったわけではありませんが、私自身が学んでいく経験も誰かのためになると信じて、自分の1ミリの成長を目指して、清水の舞台から飛び降りてみました。

結果オーライでした!(^_^)v

もし、今一歩踏み出せなくて、踏みとどまっている人がいたら、ぜひ私のところへいらしてください。

ターンアウトがパーっと開きやすくなる感覚を味わっていただくと、新しいことにも踏み出しやすくなるはずです。

そのお手伝いをさせていただきます。

 

※ ターンアウト整体についてはこちら

フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です